自動車保険の等級制度について

自動車保険の等級制度について

自動車保険の保険料は、

 

「等級」とが大きく関わってきます。

 

自動車保険の見直し事例には、等級による契約の変更もあるのです。

 

自動車保険の等級は、保険加入者が事故に遭わずにずっと優良ドライバーであり続けると、徐々に上がっていくという制度です。

 

基本的に等級が上がると保険料が安くなります。

 

保険会社からみれば、保険金を支払わなくていい優良な顧客なるので、優遇は当然ですね。

 

もしあなたが事故を起こすとすぐにその等級はダウンします。

 

等級は6級から始まります。

 

1年無事故だと1等級昇進、

 

事故を起こすと3等級降格となります。

 

 

契約から2年間無事故で3年目に事故を起こした場合を考えて見ましょう。

 

この場合6等級から8等級に上がり、そこで事故により5等級に落ちるという計算ですね。

 

ただし、盗難や火災などのケースでは、等級は据え置きとなります。

 

過失は自分には無いからですね。

 

自動車を買い替えた場合、他者の保険に切り替えた場合も、据え置きでそのまま引き継がれます。

 

自動車保険の見直し事例として、自動車を買い替えたから等級が変わりますので

 

見直しを行うというものはありません。

 

事例として多いのは、等級が下がりすぎた時の解約ですね。

 

もらえる保険金も、等級が下がるとかなり目減りしてしまいます。

 

1等級くらいになると実質半分ももらえません。

 

このような場合、解除の方向で見直しを行うドライバーが多くなるようです。