搭乗者傷害保険見直し

搭乗者傷害保険見直し

自動車保険見積もり事例で見られるのが、搭乗者傷害保険に関する事例です。

 

搭乗者傷害保険は、メインではないことが多いです。

 

搭乗者に対しての保険なので、自分も範囲に含まれます。

 

自分や同乗者が事故によって負傷、死亡した場合に保険金がおります。

 

なぜこの搭乗者傷害保険の見直し事例が多いのでしょう。

 

その理由は、自動車保険の細分化にあります。

 

自動車保険は「リスク細分型」というタイプが増えています。

 

自動車保険は対人や対物など、基本的なプランをセットにして販売していますが、

 

最近ではそのセットのバラ売りが販売されています。

 

情報化社会の恩恵で、自動車保険見積もりに対して知識を得る事が簡単になっています。

 

最近では

 

「この保険はいらない」

 

と消費者が主張するようになった事も一つの要因です。

 

つまり、消費者が選択される保険というように自動車保険も形態を変えてきています。

 

その為、この搭乗者傷害保険を除くという人が増えているようです。

 

搭乗者傷害保険は、対人賠償保険とは別に保険金が出ます。

 

その金額は決して高くはありません。

 

早く手元にお金が入るというメリットはありますが、保険としては弱めともいえます。

 

この搭乗者障害保険を切り捨てる人が多いようです。

 

搭乗者の中でも、特に同乗者に対してのものという認識が強いため、

 

ライフスタイルの変化や家族の人数などとの兼ね合いで、新たに付ける人もいれば、解約する人もいます。

 

比較的、変動の激しい保険といえそうですね。