保険特約種類

保険特約種類

 

自動車保険の見直し事例としてよく見られるのが特約です。

 

保険特約にはどのような種類があるのでしょう。

 

基本的には、各主契約の付属品となるので、それほど広い範囲の保障はありません。

 

ピンポイントでの保障というのが特約の特徴です。

 

特約の中でも特に人気の高い特約は、盗難に関するものです。

 

車両保険に加入しなくても、車両盗難特約に加入していれば、盗難に対しての保障がなされます。

 

盗難は、車そのものが消失するのと同義です。

 

車そのものに愛着を持っている人にとっては致命的な損失となりますよね。

 

それをせめて最小限の悲しみで抑える為に、この特約に加入する人は多いようです。

 

また、人身傷害補償特約もあります。

 

人身傷害補償保険は、単体での加入という事はほとんどありません。

 

対人賠償保険とセットになっているケースが多いので、対物のみ主契約で結んでいる方は、この特約をつけるケースが多いです。

 

この他には、家族限定特約や年齢制限関連の特約、

 

等級プロテクト特約といった、便利な特約がかなりの数あります。

 

前者は、運転するドライバーが家族の場合、

 

あるいは一定範囲内の年齢の場合、割引がなされる特約です。

 

後者は、一回目の事故では等級が下がらないようにする特約です。

 

後者の場合、まだ運転技術が未熟、

 

あるいは経験が不足している事から起こる事故に対しての保険です。

 

 

自動車保険特約に関する保険見直し事例は数多く見受けられます。

 

自動車保険は、とても項目が多くて複雑です。

 

特約でどんどんカバーしていかないと穴が多くなるのです。

 

そういった穴埋めを行う為にも、周囲のドライバーの方に様々な見直し事例を聞いておくと良いでしょう。