対物賠償保険の見直し

対物賠償保険の見直し

対物賠償保険は、自動車保険においては後回しにされがちな保険です。

 

どうしても対人の方がお金が保障にかかるのは事実。

 

優先は、対人にする人が多いというのが実情ですね。

 

自動車保険の見直し事例は、対人の保険ほど多くは見られません。

 

しかし、対物賠償保険が大きな意味を持つケースも少なくありません。

 

誤ってお店や事務所などの建物に車ごと突っ込んでしまったケース。

 

アクセルとブレーキを踏み間違えた際、居眠り運転をしてしまった場合に発生する大事故です。

 

この場合、弁償金額は億単位です。

 

もし保険に入っていなかったら、到底返せる金額ではないでしょう。

 

そこでひとつ気になる点があると思います。

 

もしそんな最悪の状況を迎えたとして、果たして保険金だけでその弁償を済ませる事ができるのか?ということです。

 

数億の賠償金がおりる保険など、保険料が高くてとても支払えないと思うかもしれませんね。

 

ここが、この対物賠償保険のポイントです。

 

この対物賠償保険は、保険金無制限、事故で発生した損害賠償の金額を、どんな金額でも支払ってくれるという保険です。

 

そのためにそういうプランに入る必要があります。

 

ノーマルの場合は数千万円が保険金の限度となっています。

 

そして、その両者の保険料の差は、大きくはありません。

 

月に数千円の差です。

 

自動車保険見積もりの際に見直し事例として、高齢者の方がこの対物賠償保険へ加入するケースがよく見られるようになりました。

 

事故発生のニュースの際に、高齢者がアクセルとブレーキを間違えるという案件が最近増えています。

 

今の保険から対物を加えるという見直し事例が生まれるようです。