自動車保険の基礎を知ろう

自動車保険の基礎を知ろう

自動車保険の見直し事例は数年かなり増えてきています。

 

多くの方が自動車保険に興味を持っていることと、

 

様々な特約や割引などを含め、自動車保険のプランがどんどん増えてきているからです。

 

車の生産が徐々に減ってきているのは変わりません。

 

自動車保険はより多くの人にというよりは、より多彩なサービスでという方向に変わってきています。

 

自動車保険の見直しというものに多くの人が事例を加えていくわけです。

 

自動車保険の見直し事例を増やしていく前にやっておくべき事がいくつかあります。

 

ひとつめは、自動車保険というものをよく知っておくという事です。

 

日本国民の2人に1人は車を所持している計算です。

 

自動車保険なんて皆知っていると思っている人もいるでしょうが、実はそうではありません。

 

車を購入した時になんとなく流れで契約したという人は、あまり保険の事を詳しく考えた事はないかもしれません。

 

また、そういった人も結構いるようです。まずはそこから改めていく必要があるのです。

 

自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。

 

自賠責保険は、加入義務のある保険で全員入っています。

 

一方、任意保険は、加入義務はない保険です。

 

ただ、自賠責保険は「事故を起こした場合、相手に与えた損害を最低限保障する」保険なのでたいていの方が入っていますね。

 

例えば自分が怪我をした場合、自分の車が傷ついた場合などは保険金はおりませんし、相手が大きな怪我を負った、

 

あるいは死亡したという場合には、とてもその保険金では賄いきれません。

 

そういった部分をフォローするための保険が任意保険です。