自損事故保険見直し

自損事故保険見直し

自動車事故の内訳は、自損事故が最も多いです。

 

自損事故は軽度の場合には警察に届けませんし、

 

表に出ていない件数が圧倒的に多いからです。

 

表面上の数字より遥かに多くの自損事故が起こっていることでしょう。

 

表面上の数字は氷山の一角といえますね。

 

自損事故というのは、自身の過失で事故を起こし、自分が負傷、自分の車が損傷した場合です。

 

一番多いのは、ガードレールに接触した場合に車の一部が破損した、という事故ですね、

 

車を駐車場で壁にぶつけたというものもよくあります。

 

こういった場合は、この自損事故保険の対象となります。

 

自損事故は、最も起こりやすい事故であると同時に、最も保障が少ない保険です。

 

電柱にぶつかって車は大破、

 

自分は重症などというケースもあります。

 

対人の際の保障と比較すればかなりその費用は少ないですよね。

 

自動車保険見積もり事例としては、自損事故をやめて対人に回すケースが多いです。

 

自動車保険の中で序列を作る場合、自損事故は低めになるものです。

 

保険見直し事例でも、自損事故保険の序列は低めですね。

 

高齢者の場合、自損事故に加入するという見直し事例もあります。

 

加齢と共に、自身の運動能力や視力の衰えから、運転に不安を抱く人は多くなっていきます。

 

そのようなケースは、対人と自損が手厚い自動車保険セットに加入するケースが多いです。