人身傷害保険の見直し

人身傷害保険の見直し

自動車保険に加入を検討するするにあたり、保険金がおりるタイミングというのは、非常に重要です。

 

多くの自動車保険は、事故が発生した時点で直ぐには保険金がおりません。

 

保険金支払いまで長引く事もあります。

 

例えば、ひき逃げで、加害者が特定しにくい場合。

 

過失の割合がなかなか決まらず、相手との示談が成立しない場合

 

そういった状況になるケースは結構多いようです。

 

そうなると、入院費用は一旦自分で持つ必要があります。

 

その場合にお金が足りなくて持ち合わせがないと、かなり面倒な事になりますよね。

 

そのようなケースを想定して作られているのが「人身傷害保険」です。

 

人身傷害保険はその名の通り、人の身体、保険対象の人物の障害に対して保険金が支払われます。

 

人身傷害保険であれば、他にもありますよね。

 

搭乗者障害保険などともかなり被っています。

 

当然そこには相違点があります。

 

搭乗者障害保険は定額制です。

 

人身傷害保険は休業補償や自分の過失分も保険金でフォローしてくれます。

 

事故が起きた場合、人身傷害保険では全ての補償額のうち、相手側の過失による保証額を除くと、残りは全額が支払われます。

 

かなり手厚い保障と言えるでしょう。

 

そのような一面から、自動車保険の見直し事例で、この人身傷害保険への加入がよく見受けられます。

 

搭乗者傷害保険から、この人身傷害保険に乗り換えるという見直し事例も少なくありません。

 

自動車保険は今、より手厚い保険への見直し事例が増えています。

 

これは、時代の流れとも言えるでしょう。