事故発生率と自動車保険について

事故発生率と自動車保険について

日本全体における自動車事故発生率は減少傾向です。

 

交通事故死者数は1950年代の水準にまで下がってきていますので、かなり減ってきている事がわかります。

 

5年前までは上昇傾向だった事故発生件数も、近年は減少してきています。

 

この傾向は、とても良いことといえます。

 

ただ、この状況に諸手を上げて喜ぶというわけにはいかない事情も多少あります。

 

死亡者数の減少に関しては、各自動車メーカーの努力による所が大きいです。

 

交通事故を起こしても、中の人間は助かる設計に、頑丈で内部に衝撃が加わりにくい車を開発、販売しているということがあります。

 

自動車メーカーの企業努力が、死亡者数の数をここまで減らしているともいえます。

 

また、自動車事故発生件数の減少に関しては、不況の影響によると言わざるを得ません。

 

単純に車に乗る回数が減った、車に乗らなくなったという声が上がっています。

 

ガソリン価格が高騰した2008年を筆頭によく聞かれるようになりました。

 

そういった事があり、事故の件数が減ったという感は否めないともいえます。

 

それでは、事故発生率が減少傾向の現状で、自動車保険の見直し事例はどうなっているのでしょう。

 

交通事故が減れば、保険の必要性も減るのかというと、そういうわけではありません。

 

自動車保険が充実してくれば、事故は減少するという因果関係もあります。

 

自動車保険は、ドライバーの不安を軽減し、精神面でもサポートしてくれるいわば安心です。

 

近年、自動車保険はかなり消費者の意向を取り入れています。

 

結果として様々なプランを用意する会社が増えてきました。

 

その為、自動車保険見直し事例が増えてきているのです。

 

現在の自動車保険に関しては、保険プラン移行の見直し事例が増えている事実があります。