60代での自動車保険見直し

60代での自動車保険見直し

 

60歳を越えると、自動車による事故件数は急激に跳ね上がります。

 

その理由は老化による身体能力の衰えが一番手ですね。

 

視力が衰え、

 

反応速度が鈍り、

 

頭が上手く働かず

 

大きな事故を起こすケースが、60歳以上になると増えるようです。

 

近年、認知症の方が道路を逆行するなどの事故が社会問題となっています。

 

こういった事故の増加は、

 

仕事を辞めて一気に老け込む、自由な時間が増えて車に乗る機会が増える、という理由があります。

 

様々な観点から、60歳以上の自動車運転は危険であるということがいえます。

 

60歳からの自動車保険の見直し事例はかなり多いという現状です。

 

自動車保険の見直し事例件数なら、40代、50代より多いといえます。

 

定年は各種保険の最後の見直しを行うきっかけです。

 

新規加入を行うという事例も結構あります。

 

ドライブを老後の趣味にする方は、当然自動車保険を手厚くする事になるでしょう。

 

その一方、保険契約を更新しない、最低限の保険だけにそぎ落とす事例もよく見受けられます。

 

60歳ともなると、生命保険をはじめとした自分の病気や怪我に対しての補償を何より優先する人がほとんどです。

 

年齢を重ねれば、誰しも弱ります。

 

がんなどの病気にもかかりやすくなります。

 

そうなった時に自分を身守るのは、やはり保険なのです。

 

 

その為、生命保険やがん保険にお金をかける一方、自動車保険を削る事例が多くなるのです。