40代での自動車保険見直し

40代での自動車保険見直し

保険への意識が最も変化するのは40代です。

 

30代まではイケイケでやってきた人も、40代になると年相応の落ち着きを身に付けます。

 

そこで自分の人生を振り返り、色々あったと納得して今後を見つめるわけです。

 

その際、では今後何にお金を費やしていこうかと考えると、家族を守り、自分の老後を守ることに関心が向きます。

 

その筆頭が自動車保険です。

 

40代における収入は、生涯の中で最も多くなっている人が多いです。

 

40代になって自動車保険の見直しを行おうという人はあまりいないようです。

 

20代の人に

 

「40代で自動車保険を見直しするか?」

 

と聞けば、あまり「はい、します」という人はいないでしょう。

 

それまでのプランを継続という形で契約を進めていくというのが一番妥当なイメージです。

 

実はこの40代、自動車保険における最大の転機です。

 

事故を起こす件数は40代がかなり多いというデータがあります。

 

運動能力の低下が徐々に現れる中、その変化を自己認識できないケースがあるからです。

 

車に乗るケースが減らない中で、様々な身体的能力が低下していくところに、この事故件数の増加の原因があるようです。

 

体力や集中力は30代の頃より低下しているのに、

 

車に乗る時間は変わらないのであれば、やはり事故の確率は高くなるというものです。

 

意外な結果ですが、検証してみると上記のようなことが考えられますね。

 

40代になって対人の自動車保険を強化する傾向はそのようなデータを知っている人ですね。

 

40代の自動車保険の見直し事例では、対人賠償保険などが特に人気です。

 

特約で搭乗者に対しての保険を掛ける見直し事例もあります。

 

40代での自動車保険の見直し事例は、自分の事故から他者を守るという意識が強く見られます。

 

防衛の意味での保険が効果を発揮する時期といえます。