車保険比較の最新 自動車保険見積もりセンター プレゼントキャンペーン情報

自動車保険見積もりのプレゼントキャンペーンを利用しましょう♪

自動車保険はどの会社のを選んでも変わらないと思っている方は多いです。

 

しかし、実際には最近多くのプランが出てきているので、

 

自動車保険見積もりを見直すだけで年間1万円から5万円も安くなることがとても多いです。

 

自動車保険見積もりするだけで、マックカードなどのプレゼントがもらえるサービスがありますので当サイトで紹介させていただきます。。

 

「保険スクエアbang!」

 

自動車保険の「保険スクエアbang!」なら無料での17社自動車保険の見積もりが出せますので、

 

自動車保険一括見積もりをとりたい場合に便利です。

 

一度自動車保険の見積もりを見直してみる事をおすすめします。

 

 

ズバット自動車保険比較

 

ズバットは最大20社の自動車保険見積が可能です。

 

無料で自動車保険の見積もりが可能で、各社の保険料や内容を徹底比較出来ます。

 

ネットで完結するので、面倒な手続きなし。そのままネット契約もできるのが魅力です。

 

 

自動車保険の比較・見積もりならNTTイフ

 

イフを通して自動車保険を契約するとネット割引があります。

 

即日契約もOKなのが、NTTイフです。

 

11社の自動車保険で一番安い見積もりが数分でわかるので大変便利です。

 

【NTTイフ限定】自動車保険 プレゼントキャンペーンは以下のとおりです。

 

アクサダイレクトの自動車保険 マックカード500円分

 

チューリッヒの自動車保険 図書カード1000円分

 

セゾン自動車火災の自動車保険 図書カード1000円分

 

楽天よりももらえる金額が高いので、NTTイフを使っている方も多いです。

 

 

楽天自動車保険一括見積もり

 

マックカード 500円分

 

図書カード 500円分

 

ハーゲンダッツギフト券

 

のうちいずれか一つです。

 

楽天の自動車保険一括見積もりは、プレゼントがもらえるし、保険料もやすくなるので、

 

とても人気のあるサービスです。

 

楽天の自動車保険一括見積もりの詳細を見てみてくださいね。

 

お金借りる銀行金融機関

自動車保険見直しの状況

日本に自動車が普及して、もう何十年もたち、自動車の普及率に比例して、自動車事故も増えています。

 

飲酒などの悪質な理由による事故も上昇の一途にあり、

 

こういった交通事故の問題に対しての意識が強まった事で、

 

飲酒運転に対する罰則の強化が、近年行われました。

 

ここ数年は自動車事故の件数が減少傾向にあります。

 

不況による車生産台数の頭打ちや、車に乗る頻度の減少といった理由もあるかと思います。

 

自動車による交通事故が少なくなってきているというのが現状です。

 

自動車保険に対する意識も徐々に変化してきてます。

 

自動車保険は何でもいいと思っていませんか?

 

最近は多くの自動車保険があるので一度自動車保険見積もりを取って、見直して見てください。

 

年間何万円も安くなるということはよくあります。

 

そして、自動車保険見積もりはプレゼントキャンペーンをよく行っているので、

 

賢くキャンペーンを利用して自動車保険見直しをしてみてくださいね。

 

自動車保険に入っていたけどもういいや、という人はあまりいないと思います。

 

お金借りたい 即日融資

 

 

自動車保険の中でも自賠責保険と任意保険があります。

 

自賠責保険については加入が全員義務付けられていて、保険料も固定なので自動車保険見直し事例には入りませんが。

 

任意保険に関しては、保険見直し事例が増えてきています。

 

自動車保険見直しは、任意保険のプラン見直しです。

 

自動車の生産が頭打ちになっている現状で、保険会社も新たな顧客獲得より現在の顧客に対してより豊かなサービスでニーズに応えられる商品を

 

という方向にシフトチェンジしています。

 

必然的に自動車保険のプランも充実し、様々な保険商品が生まれてくる事になります。

 

あなたのライフプランあわせた自動車保険を選ぶ動きが、最近増えてきています。

 

FX海外口座比較

自動車保険について知識を深めましょう

自動車保険は、保険会社ごとに細かく決められています。

 

ドライバーが若ければ保険料は高いですし、年齢が高くなると保険料は安くなります。

 

無事故を続けると等級が上がります。

 

結果的に等級が上がると保険料が安くなります。

 

事故を起こして保険を使うと保険料は高くなってしまうのです。

 

万が一の時、自動車保険を使えるように契約前にはパンフレットに書かれている保険金を支払えない場合

 

用語の説明

 

といった項目に目を通しておくことをオススメします。

 

家族、年齢条件、未婚の子といった用語が出てきます。

 

これは保険の世界でどういう意味を示しているのか、

 

しっかり理解しておくことが大切です。

 

家族には別居の未婚の子も含まれますが、

 

法律上の婚姻歴がない子のことを言います。

 

保険証の記載内容に間違いがあると保険金が支払われない場合もありますので注意してください。

 

わからないことがあったら、保険会社、代理店に納得の行くまで説明してもらいましょう。

自動車保険見積の際にチェックしておきたい、保険の等級について

自動車保険は自賠責保険と違い、メリット、デメリット料率という方式をとっています。

 

無事故を続ける優良ドライバーには保険料を安く

 

事故を起こして保険を使ったドライバーには保険を高くするシステムです。

 

等級は、1から20まであります、

 

例えば、13等級で保険を使うと

 

3等級ダウンし、10等級に下がるのです。

 

新規加入の一年目は6等級からスタートします。

 

1年間保険を使わなければ、1等級アップして、割引率があがり、保険を使うと、保険料が高くなるのです。

 

勤務先に連絡しないカードローン

 

 

最近では、1等級に1つだった割引率が事故なし、事故ありの2種類になり、

 

事故で保険を使うと従来どおり3等級下がるだけでなく翌年から3年間は事故ありの割引率が適用されるようになったのです。

 

 

等級据え置きだったいたずら、盗難事故などで保険を使うと、一等級嵯峨リマsう。

 

小額請求の場合、保険を使わずに翌年の等級を上げるほうが金銭的に特になることもあるのです。

 

保険を使うかどうかは保険会社に相談することをオススメします。

 

保険を契約する際にお金が足ら無ければ、1万円借りることができるプロミスをお勧めします。

自動車保険に対するQ&A

車を買い替えたとき、等級は引き継げる?

 

車種、使用用途の用件を満たせば、これまでの等級を引き継げます。

 

基本的に保険会社が変わる、記名被保険者が配偶者、同居の親族にかわっても引き継げます。

 

車を手放すことで保険を解約する時、13ヶ月以内に保険会社に申し出て中断証明書をもらっておくと、解約後10年間、新たに車を買う時に以前の等級を引き継げます。

 

 

2台目の車をかうとき等級はどうなる?

 

1台目の車の等級が11以上なら、セカンドカー割引の対象になります。

 

2台目の保険が7等級からスタートできます。

 

保険会社が異なっていても受けられますが

 

保険会社によっては同じ会社で複数契約すると割引してくれるところもあります。

 

 

飲酒運転の事故で保険はおりる?

 

被害者に対し、対人賠償保険、対物賠償保険は支払われます。

 

飲酒運転をした本人に対して、傷害保険と、車両保険は支払われません。

 

 

地震台風などの自然災害で車両保険は使える?

 

地震、噴火、津波に対して、一般的な車両保険の場合補償対象外です

 

こうした災害に備えたい場合には、地震噴火津波特約をつける必要があります。

 

台風、洪水、高潮などの自然災害は特約をつけなくても対象内です。

 

 

知人の車を事故った場合自分の自動車保険は使える?

 

ほとんどの商品に、他車運転特約が自動でついています。

 

自分と家族が他人の車を運転中に、

 

事故を起こした場合でも、自分の車にかけている対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険が支払われます。

 

所有者がその車の使用を承諾している場合のみ

 

 

日常、レジャーで契約。通勤時の事故は?

 

契約時に、主要用途を聞かれますが、

 

年間月に15日以上が目安です。

 

それにあっていれば、たまたま通勤時に事故っても保険対象になります。

 

日常、レジャー目的での契約なのに、毎日通勤で使っているような場合ですと、

 

告知義務違反、

 

通知義務違反に問われることもあります。

 

 

自分が被害者の場合も保険会社が交渉してくれますか?

 

示談交渉サービスはあくまでも加害者の時。

 

自分に過失がない、もらい事故では保険会社が代理で示談交渉することは出来ません。

 

弁護士費用等補填特約を用意している会社もあります。

 

 

特約でもっておいたほうがいいものは?

 

家族の中に125cc以下の原付バイクに乗る人がいる場合、

 

ファミリーバイク特約がオススメです。

 

個人賠償責任保険は

 

自動車事故以外の生活上のトラブルで賠償責任が発生した時に役に立ちます。

 

自動車保険や火災保険などの特約で入るとお得ですね。

 

自動車保険には他にもいろんな特約が用意されていますので、自分や家族のニーズに合ったものを保険会社に質問してみてください。